秋⽥の注⽂住宅・建築・リフォームのことなら当社にお任せください!

いにしえの知恵に学ぶ健康住宅

高田住宅工業株式会社

能代本社 0185-54-6518

峰浜本店 0185-76-3493

秋田支店 018-896-7773

ホーム > 戦国新報 > 常識を打ち破る非常識
今月のなかなか難しい
今日のなかなか難しい

常識を打ち破る非常識

世の中常識で動いている。だが、非常識に物事を考えないといけない時もある。

 

昔の話だが、アメリカの家電屋の営業マンが、アラスカに冷蔵庫を売りに行くと言ったら、周りの同僚達は笑った。アラスカは気温が低いから冷蔵庫はいらないというのだが、冷蔵庫は食べ物を低温や高温から守り常に適温を保つために生活に必要な物だから必ず売れると営業に出かけた。それが大当たり。その営業マンの売り上げが伸びたという。常識を打ち破って非常識に物事を考えた結果であった。

 

戦国の世、信長ほど常識では考えられないやり方で天下を目指した武将はいない。桶狭間の戦いでは奇襲攻撃をかけて義元を打ち破った。また天下無敵と言われた武田騎馬軍団を三千丁の鉄砲で打ち破った長篠の合戦。全ての面でやることなすこと非常識の戦いであった。

 

いつの世も、常識ではどうしようもない時、非常識な一歩踏み込んだ考え方で知恵を出してがんばることも大事だと思うが、なかなかむずかしい。(令和三年十月二十四日)

2021年11月28日

自慢話より失敗談

2021年11月21日

ピンチとチャンスは隣り合わせ

2021年11月14日

生活のリズムが大事

2021年11月7日

必死の努力が水の泡

2021年10月31日

挨拶は先手必勝

2021年10月24日

常識を打ち破る非常識

戦国新報一覧はこちら

にぎりめしとおかゆの理論

粘り強い団結力が自信と責任と誇りにつながる。

「にぎりめしとおかゆの理論」

「にぎりめし」は米粒の固まりで、その米粒は団結力の固まりのようである。反対に「おかゆ」は茶碗の中で流れてしまうから「団結力」がない。
戦国の世、戦で「おかゆ」は組織の中で自分の意思がなく、人の言いなりで積極性もない。「にぎりめし」は積極性があり組織に属し、握られた米粒ひとつひとつが団結力を持ち自身と責任と誇りを持って、お互い力を合わせて敵に突進する。ようするに組織の一員となって、「にぎりめし」のような固まらなければ敵に勝つことはできないと秀吉は言った。
いつの世も、部下が組織の中で好き勝手なことをしていると「おかゆ」のように流れてまとまらなくなりうまくいかない。「にぎりめし」のように握られているということは、組織の中でルールを守り、本当のチームワークにつながり、会社の繁栄につながるような気がするが、なかなかむずかしい。

バックナンバーはこちらから

トップに戻る