秋⽥の注⽂住宅・建築・リフォームのことなら当社にお任せください!

いにしえの知恵に学ぶ健康住宅

高田住宅工業株式会社

能代本社 0185-54-6518

峰浜本店 0185-76-3493

秋田支店 018-896-7773

ホーム > 戦国新報 > 「うとんじ」られないように
今月のなかなか難しい
今日のなかなか難しい

「うとんじ」られないように

領民の声は神の声とばかりに領民のために国づくりに励む。だが、領民の目は厳しく、その目から外れることがあっては、領民から「うとんじ」られてしまうと思うが・・・。

戦国の世、神の罰よりも主君の罰の方が恐ろしい。主君の罰よりも領民の罰の方がもっと恐ろしい。なぜか。神の罰は祈りによって免れる。主君の罰は詫びて許しを受けることができる。しかし領民に「うとんじ」られては祈っても詫びてもどうしようもない。その結果、国を失うことがあると官兵衛は部下たちに言った。

いつの世も、学歴よりも学力。体格よりも体力。人の心の痛みをよくわかり、周りに「うとんじ」られないよう気を配って頑張ることが大事だと思うが、なかなかむずかしい。(令和六年六月二日)

2024年6月16日

兄弟愛

2024年6月9日

失敗は成功のもと

2024年6月2日

「うとんじ」られないように

2024年5月26日

すばしっこい男の世渡り

2024年5月19日

朝は発想から

2024年5月12日

マムシの行商テクニック

戦国新報一覧はこちら

にぎりめしとおかゆの理論

粘り強い団結力が自信と責任と誇りにつながる。

「にぎりめしとおかゆの理論」

「にぎりめし」は米粒の固まりで、その米粒は団結力の固まりのようである。反対に「おかゆ」は茶碗の中で流れてしまうから「団結力」がない。
戦国の世、戦で「おかゆ」は組織の中で自分の意思がなく、人の言いなりで積極性もない。「にぎりめし」は積極性があり組織に属し、握られた米粒ひとつひとつが団結力を持ち自身と責任と誇りを持って、お互い力を合わせて敵に突進する。ようするに組織の一員となって、「にぎりめし」のような固まらなければ敵に勝つことはできないと秀吉は言った。
いつの世も、部下が組織の中で好き勝手なことをしていると「おかゆ」のように流れてまとまらなくなりうまくいかない。「にぎりめし」のように握られているということは、組織の中でルールを守り、本当のチームワークにつながり、会社の繁栄につながるような気がするが、なかなかむずかしい。

バックナンバーはこちらから

トップに戻る