プライドを捨てて素直に…
不安な点やわからない点があったら、上司に必ず確認や相談をすることで良い知恵が生まれると思うが…。

大戦の時、山本五十六長官の目的は、アメリカより日本は国力が劣っているので、速、決戦でなければと、米軍太平洋艦隊の本拠地ハワイの真珠湾に奇襲攻撃をかけて壊滅することにあった。そして一番大事な目標は米軍の航空母艦を壊滅させることにあった。長官は攻撃にかかわった参謀達に結果を確認せよと電文を打ったが、参謀達は「子供の使いでもあるまいし」と確認せず、ただ大勝利だとしか長官に伝えなかった。

米軍は軍事施設、飛行機、戦艦などは壊滅したが、肝心の航空母艦はそっくり残っていた。その後、米軍は長官の航空母艦戦法に学び、残った航空母艦によって戦局は大きく変わった。もし、米軍の航空母艦を壊滅しておけば戦局もまた大きく変わっていたかもしれない。

いつの世も、しっかりとした確認、報告、連絡、相談はいかに大事か…。だが、なかなかむずかしい。(平成三十年九月二日)
BACK TOP NEXT