人間性を高めよう
上司にとって最もありがたい部下は、もちろん「仕事ができて性格が良い」部下だが、逆に性格が良くても仕事がいまひとつという場合、上司にとっては手間がかかり苦労すると思うが…。

戦国の世、戦の時、結果さえ出していれば何にも文句はないだろうという部下は始末が悪い。平気で仲間の和を乱す可能性が大いにあると官兵衛は言った。また、こんな部下は裏で自分のことだけを考える利己主義で組織の団結力を乱すとも言った。

いつの世も、仕事で上司と部下との団結力が大事だと思うし、お互いに協力し努力すれば必ず良い結果が生まれると思うが、なかなかむずかしい。(平成三十一年六月)
BACK TOP NEXT