一点集中あきらめない
試合をしている中で、負け気味で進んでいる時、弱気になって「もうダメだ」とあきらめるか…。それとも「なんとしても」勝たねばと信念を持ってチームワークで立ち向かうか…。

戦国の世、二万五千の大軍で京を目指し尾張領内に攻め込む義元。絶体絶命の「生きるか死ぬか」の大ピンチの信長。義元軍は尾張領の砦を次々と打ち破り連戦連勝で上機嫌の義元。桶狭間で悠々と酒を飲み昼食休憩。この時とばかりに信長は、二千五百の軍勢で義元の本陣に決死の覚悟で奇襲攻撃をかけて義元を打ち破った。「なんとしても」と最後まであきらめなかった信長の覚悟の勝利であった。

いつの世も、ピンチになっても最後まであきらめないことだ。一点集中して最善の力を工夫して努力すれば予想以上の力がわいてくると思うが、なかなかむずかしい。(令和元年五月十二日)
BACK TOP NEXT