秋⽥の注⽂住宅・建築・リフォームのことなら当社にお任せください!

いにしえの知恵に学ぶ健康住宅

高田住宅工業株式会社

能代本社 0185-54-6518

峰浜本店 0185-76-3493

秋田支店 018-896-7773

ホーム > 戦国新報 > 褒めることで学ぶ
今月のなかなか難しい
今日のなかなか難しい

褒めることで学ぶ

相手と人間関係をより良く保つためには、相手の良いところは大いに褒めることだ。特に職場での仕事でも一番大事なことだと思うが…。だが、相手を褒めることは「けなす」ことより難しい。なぜか。褒めることは相手を認めることになるからだ。しかし素直に褒めることができるようになると、相手の良いところを尊敬し学ぶことができるし、自分の成長にもつながると思うが…。

 

戦国の世、「相手を褒めて損することはない」。戦のあとの良かったところを一人一人肩を叩いてよくやったと褒めたたえた官兵衛。そうすることで部下達も素直に心を開き、次の戦いの時にはまた良い働きをしたいと燃えた。官兵衛自身も部下を褒めたことで能力以上の知恵を得ることができた。

 

いつの世も、相手の素晴らしいところは大いに「褒める」ことだ。「褒める」ことで相手のことがよく見えるし、自分の至らないところもよく見える。そして素直に自分を改善できるような気がするが、なかなかむずかしい。(令和四年二月二十七日)

2022年5月22日

信頼してこそ人は尽くしてくれる

2022年5月15日

決断は迷わず

2022年5月8日

反省こそ次へのステップ

2022年5月1日

油断から出た錆

2022年4月24日

気さくな対応

2022年4月17日

先手必勝

戦国新報一覧はこちら

にぎりめしとおかゆの理論

粘り強い団結力が自信と責任と誇りにつながる。

「にぎりめしとおかゆの理論」

「にぎりめし」は米粒の固まりで、その米粒は団結力の固まりのようである。反対に「おかゆ」は茶碗の中で流れてしまうから「団結力」がない。
戦国の世、戦で「おかゆ」は組織の中で自分の意思がなく、人の言いなりで積極性もない。「にぎりめし」は積極性があり組織に属し、握られた米粒ひとつひとつが団結力を持ち自身と責任と誇りを持って、お互い力を合わせて敵に突進する。ようするに組織の一員となって、「にぎりめし」のような固まらなければ敵に勝つことはできないと秀吉は言った。
いつの世も、部下が組織の中で好き勝手なことをしていると「おかゆ」のように流れてまとまらなくなりうまくいかない。「にぎりめし」のように握られているということは、組織の中でルールを守り、本当のチームワークにつながり、会社の繁栄につながるような気がするが、なかなかむずかしい。

バックナンバーはこちらから

トップに戻る