秋⽥の注⽂住宅・建築・リフォームのことなら当社にお任せください!

いにしえの知恵に学ぶ健康住宅

高田住宅工業株式会社

能代本社 0185-54-6518

峰浜本店 0185-76-3493

秋田支店 018-896-7773

ホーム > 戦国新報 > 自責の人に・・・
今月のなかなか難しい
今日のなかなか難しい

自責の人に・・・

 仕事がうまくいかない時、我が身を振り返って、次にうまくいくようにと反省をして、努力と目標を持って前向きに取り組む人を「自責の人」と言う。失敗した時、自分のせいでないと、反省もしない努力もしないで他人のせいに押しつける人を「他責の人」と言う。

 戦国の世、うまくいった時「部下のおかげ」、うまくいかない時は「自分のせい」と、官兵衛は常に心がけた。また、戦で勝利した時、「自分の功績」だと「おごる」ことなく「部下のおかげ」と感謝をし、部下を誉め称えた。また部下達も官兵衛の言葉に、明日への希望がわき上司官兵衛のために命を捧げる覚悟で励んだ。

 いつの世も、悪い結果が出た時は自分のせいだと素直に認め、「自責の人」になって失敗から反省して学び、次には良い結果を出せるように努力することが大事だと思うが、なかなかむずかしい。(平成三十年一月十四日)

2021年7月25日

強い意志を

2021年7月18日

「運」は努力と行動

2021年7月11日

気持ちが通じ合う「ムダ話」

2021年7月4日

竹の節のように

2021年6月27日

「情け」と「理」

2021年6月20日

「ポスト信長」は誰かと思ったら

戦国新報一覧はこちら

にぎりめしとおかゆの理論

粘り強い団結力が自信と責任と誇りにつながる。

「にぎりめしとおかゆの理論」

「にぎりめし」は米粒の固まりで、その米粒は団結力の固まりのようである。反対に「おかゆ」は茶碗の中で流れてしまうから「団結力」がない。
戦国の世、戦で「おかゆ」は組織の中で自分の意思がなく、人の言いなりで積極性もない。「にぎりめし」は積極性があり組織に属し、握られた米粒ひとつひとつが団結力を持ち自身と責任と誇りを持って、お互い力を合わせて敵に突進する。ようするに組織の一員となって、「にぎりめし」のような固まらなければ敵に勝つことはできないと秀吉は言った。
いつの世も、部下が組織の中で好き勝手なことをしていると「おかゆ」のように流れてまとまらなくなりうまくいかない。「にぎりめし」のように握られているということは、組織の中でルールを守り、本当のチームワークにつながり、会社の繁栄につながるような気がするが、なかなかむずかしい。

バックナンバーはこちらから

トップに戻る