秋⽥の注⽂住宅・建築・リフォームのことなら当社にお任せください!

いにしえの知恵に学ぶ健康住宅

高田住宅工業株式会社

能代本社 0185-54-6518

峰浜本店 0185-76-3493

秋田支店 018-896-7773

ホーム > 戦国新報 > 短気は損気
今月のなかなか難しい
今日のなかなか難しい

短気は損気

仕事をしていると一日に一つや二つは腹が立つことがある。「短気は損気」と言うことわざがあるように、冷静に物事を考えて対応すれば良いのだが…。

 

戦国の世、物事の考え方がハッキリしていた武将。信長に仕えて、信長に怒られても、冷静に笑顔でピンチをチャンスと考えて不可能を可能にした秀吉。その根性はどこから生まれたものだろうか…。農民から信長をしたって武士社会に入り、「草履」を懐に入れて温めると言う忠誠心と、気配りを忘れず数多くのピンチを乗り越えてきたからこそチャンスに変えることができたと思う。要するに「たたき上げの精神」と「短気は損気、急がば回れ」の精神から生まれたものだと思う。

 

いつの世も、腹を立てずに毎日過ごしたいものだが、世の中そんなに甘くない。常に笑顔で感謝の気持ちを忘れず一生懸命に努力して頑張ることで良い結果が生まれてくるような気がするが、なかなかむずかしい。(令和四年三月二十七日)

2022年5月22日

信頼してこそ人は尽くしてくれる

2022年5月15日

決断は迷わず

2022年5月8日

反省こそ次へのステップ

2022年5月1日

油断から出た錆

2022年4月24日

気さくな対応

2022年4月17日

先手必勝

戦国新報一覧はこちら

にぎりめしとおかゆの理論

粘り強い団結力が自信と責任と誇りにつながる。

「にぎりめしとおかゆの理論」

「にぎりめし」は米粒の固まりで、その米粒は団結力の固まりのようである。反対に「おかゆ」は茶碗の中で流れてしまうから「団結力」がない。
戦国の世、戦で「おかゆ」は組織の中で自分の意思がなく、人の言いなりで積極性もない。「にぎりめし」は積極性があり組織に属し、握られた米粒ひとつひとつが団結力を持ち自身と責任と誇りを持って、お互い力を合わせて敵に突進する。ようするに組織の一員となって、「にぎりめし」のような固まらなければ敵に勝つことはできないと秀吉は言った。
いつの世も、部下が組織の中で好き勝手なことをしていると「おかゆ」のように流れてまとまらなくなりうまくいかない。「にぎりめし」のように握られているということは、組織の中でルールを守り、本当のチームワークにつながり、会社の繁栄につながるような気がするが、なかなかむずかしい。

バックナンバーはこちらから

トップに戻る