秋⽥の注⽂住宅・建築・リフォームのことなら当社にお任せください!

いにしえの知恵に学ぶ健康住宅

高田住宅工業株式会社

能代本社 0185-54-6518

峰浜本店 0185-76-3493

秋田支店 018-896-7773

ホーム > 戦国新報 > 底力とは…
今月のなかなか難しい
今日のなかなか難しい

底力とは…

 ピンチの時に、弱気になってしまうか、強気になって自信を持って立ち向かうか…。弱気になると相手が強く見える。だが、自信を持って立ち向かうことによって、相手が弱く見えるという人もいる。

 戦国の世、官兵衛は、我が破れるのかと感じる時は、敵もまた破れるかと思っている時である。だから、自信を持って「背水の陣」で戦うことによって勝利に結びつくと部下達に言った。また、戦いは「おびえて」はダメだ。辛抱強い者が勝つ率が高いとも官兵衛は部下達に言った。

 いつの世も、何事も最後まであきらめてはダメだ。弱気になると相手が強く見える。勝利の基本は、本人が負けまいと思っているのか、勝ってやると思っているのかによるから、常に自信を持ってがんばることだ。弱気になると「有利な状況」も「不利な状況」も区別がつかないと思うが、なかなかむずかしい。(平成二十七年七月十九日)

2021年10月24日

常識を打ち破る非常識

2021年10月17日

人財を活かす

2021年10月10日

強気の底力

2021年10月3日

「志」のある人は成長あり

2021年9月26日

油断は大いなる敵

2021年9月19日

ピンチは最大のチャンス

戦国新報一覧はこちら

にぎりめしとおかゆの理論

粘り強い団結力が自信と責任と誇りにつながる。

「にぎりめしとおかゆの理論」

「にぎりめし」は米粒の固まりで、その米粒は団結力の固まりのようである。反対に「おかゆ」は茶碗の中で流れてしまうから「団結力」がない。
戦国の世、戦で「おかゆ」は組織の中で自分の意思がなく、人の言いなりで積極性もない。「にぎりめし」は積極性があり組織に属し、握られた米粒ひとつひとつが団結力を持ち自身と責任と誇りを持って、お互い力を合わせて敵に突進する。ようするに組織の一員となって、「にぎりめし」のような固まらなければ敵に勝つことはできないと秀吉は言った。
いつの世も、部下が組織の中で好き勝手なことをしていると「おかゆ」のように流れてまとまらなくなりうまくいかない。「にぎりめし」のように握られているということは、組織の中でルールを守り、本当のチームワークにつながり、会社の繁栄につながるような気がするが、なかなかむずかしい。

バックナンバーはこちらから

トップに戻る