秋⽥の注⽂住宅・建築・リフォームのことなら当社にお任せください!

いにしえの知恵に学ぶ健康住宅

高田住宅工業株式会社

能代本社 0185-54-6518

峰浜本店 0185-76-3493

秋田支店 018-896-7773

ホーム > 戦国新報 > 「一番首」より「一番乗り」
今月のなかなか難しい
今日のなかなか難しい

「一番首」より「一番乗り」

組織が躍進するためには社員はどんな貢献をするべきか…。それを考えながら行動する人は時代を問わず上司から評価されると思うが…。

戦国の世、戦いで最初に打ち取った首は「一番首」と言われ称賛され評価された。だが官兵衛は「一番首」をあまり評価しなかった。なぜか…。「一番首」は自分一人が手柄をたてようとする行為なのに対して、「一番乗り」は自分の属する軍団全体に勝ちをもたらそうとする行為で、組織全体のことをよく考えている証拠だと大いに評価した。ようするにチームワークが大切だということである。

いつの世も、組織の中での公私混同は、組織を忘れた一匹狼で、全体の戦列を乱して自ら孤立してしまうと思うが、なかなかむずかしい。(平成三十年五月二十日)

2021年10月24日

常識を打ち破る非常識

2021年10月17日

人財を活かす

2021年10月10日

強気の底力

2021年10月3日

「志」のある人は成長あり

2021年9月26日

油断は大いなる敵

2021年9月19日

ピンチは最大のチャンス

戦国新報一覧はこちら

にぎりめしとおかゆの理論

粘り強い団結力が自信と責任と誇りにつながる。

「にぎりめしとおかゆの理論」

「にぎりめし」は米粒の固まりで、その米粒は団結力の固まりのようである。反対に「おかゆ」は茶碗の中で流れてしまうから「団結力」がない。
戦国の世、戦で「おかゆ」は組織の中で自分の意思がなく、人の言いなりで積極性もない。「にぎりめし」は積極性があり組織に属し、握られた米粒ひとつひとつが団結力を持ち自身と責任と誇りを持って、お互い力を合わせて敵に突進する。ようするに組織の一員となって、「にぎりめし」のような固まらなければ敵に勝つことはできないと秀吉は言った。
いつの世も、部下が組織の中で好き勝手なことをしていると「おかゆ」のように流れてまとまらなくなりうまくいかない。「にぎりめし」のように握られているということは、組織の中でルールを守り、本当のチームワークにつながり、会社の繁栄につながるような気がするが、なかなかむずかしい。

バックナンバーはこちらから

トップに戻る